2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

無料ブログはココログ

« 大人のおもちゃ | トップページ | 感謝 »

2015年12月23日 (水)

2886858 「先生、自分を許してやらなければならないかなって思うんです」


主治医にそう伝えた。「溺れる人」は主人公が幼いころ、ピアノコンクールで間違えたことがトラウマになっているように感じた。それを見て自分に当てはまることに気が付いたのだ。親の期待に応えられなかったこと。期待する大学に入ることができず、期待する銀行にも入れなかったこと。これらが未だに自分を刺していることを知っている。


うなずきながら「怖すぎる話ね」と言いつつ、先生は体をゾクッとさせた。
「普通はね、期待する人生があっても、子供の成長とともに考えを変えていくものなのね。あそこの大学に入って欲しかったけどとか、あそこの企業に入って欲しかったけど、ちょっと違うみたいだからと思って考えを変えていくのが親なのよ」


「お父様がアルコール依存症だったから考えを変えられなかったのかもしれない。そして自己評価の低い貴方は典型的なアル中さんの息子ね」

俺は自己評価は高いと思っていたが、どうやら低いということがわかった。飲んだり飲まなかったりを繰り返している自分は入院希望を伝えた。根っ子は深い。9年前に入院した時は、まさか俺が…この俺が…何度も入院するとは思っていなかった。でも今は違う。酒に殺されることも覚悟している。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 大人のおもちゃ | トップページ | 感謝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1908927/63106597

この記事へのトラックバック一覧です: 診察:

« 大人のおもちゃ | トップページ | 感謝 »